色彩感と色の感性

地球がキラキラになったエネルギーのアート☆
子供たちって、描こうと決めたら
線に迷いがなくて、色もパッと選んで、
勢いで描き上げるのがすごいなって
いつも思う。

エネルギーそのまま、
エネルギーそのもので描いてる感じ。
これはクレオロールって、メタリックやラメ入りやパステルカラーが揃ってるクレヨン使ってました。


子供のころ誰もがやったであろう、
スクラッチ技法って、
「クレヨンのくろくん」という絵本にもでてくるやつ。

何も黒で塗りつぶさなくてもいい。
カラフルなのも面白い。

次女の世界は色であふれている感じなんだな。
色彩が飛びだしてくる感じ。


色に対する感性って、一人ひとり持っているものと、
時代や土地によって変わってくるものもあって。
気分によっても違ってみえたりするし。

色の持つイメージや、色が働きかけるものも、
共通する部分と個々の感覚的なところがあり。

色彩はエネルギー。光のエネルギー。
太陽の光線。波長。

色って本当に面白い!


身の回りの色と色彩を意識してみると、
色々発見があると思います。

それから、光のエネルギーとしての色彩にも
意識を向けてみると、何か感じるかもしれません。

きれい!美しい!って心に響く色彩だけをみる。


そういうところから、
エネルギーという目に見えない感覚的な世界への感性も開かれていく感じがします!








LOVE∞LIGHT

0コメント

  • 1000 / 1000